Rare audioquest Audio Quest High-end speaker cable "OAK" SBW banana 2.4m pair List price 390,000 yen

Bids:1

Price:178000.00

Quantity:1

Condition:Used (in very good condition)

Bid Start:2020-05-22T17:21:41+09:00

Ends:

  Days  
  Hours  
Minutes
Seconds

2020-05-24T22:21:06+09:00

希少 audioquest オーディオクエスト ハイエンドスピーカーケーブル 「OAK」 SBW バナナ 2.4m ペア 定価39万円
audioquestの完成品スピーカーケーブル「OAK」の出品になります。
B&W802D3とマランツPM-10に接続していました。システム構築変更のため出品します。
仕様はSBW、プラグは全てバナナ、長さは2.4mになります。

audioquestで最高グレードのシリーズとして販売されていた「Tree Series」の中でも、
メーカー最高品質の銅素材「Perfect Solid Copper+」を100%使用したメーカーハイエンドモデルになります。

SBWとは「シングルバイワイヤー」という種類のケーブルで、
高音と低音の信号が混ざってしまうことで生まれる歪やノイズを防ぐために行うバイワイヤリングという接続方法を
本来スピーカーケーブルが2本必要なところを1本にまとめているというものになります。
高価格帯のケーブルはわざわざ2本買うととんでもない値段になってしまうのでオプションとして用意されています。

従来のスピーカーケーブルはいわゆる「撚り線」で構成されているものがほとんどで
柔らかく扱いやすく、極端に太くなければ切り売りやプラグなしでの運用も可能なものが一般的です。
一方、audioquestのスピーカーケーブルは導線が1本ずつが太い「単線」を使用しており、
ノイズを抑えるだけでなく素材の実力最大限に発揮し音をより力強く伝えることを可能にしています。
しかし、単線は硬く扱いづらいためケーブルの実力を十分似発揮するためには高い技術を求められるため
audioquestでは本国アメリカにてメーカーの職人の手で一つ一つ端末処理されプラグを取り付けられています。
低価格帯からハイエンドまでスピーカーケーブルが完成品として販売されているのはそういった理由からです。

その中でも導線を16本も使用し情報伝達料を最大まで引き出したのが「Tree Series」です。
「Double Counter Spiral」という加工により導線直径が6.63m㎡という巨大なケーブルを実現しました。
Tree Seriesはaudioquest現行のどのモデルよりも太い導線を採用しています。
スピーカーケーブルは導線が太くなるにつれて伝えられる情報料が増えるため音が豊かになります。
ただ太くするだけだとしまうとバランスが悪くなったりノイズを拾いやすくなってしまったりしてしまいますが
audioquestの導線の配列、単線の使用、ノイズ除去方法、DBS、被膜処理など様々な技術により
可能になった限界の太さがこのTree Seriesの6.63mmという太さになります。
ちなみに現行モデルの太さはRobin Hoodが1.56m㎡、William Tellが2.65m㎡、
ハイエンドモデルのThunder Bird、Fire Bird、Dragonですら4.73m㎡となっています。

audioquestのハイグレード帯の目玉になっている微弱な電流を流すことでケーブルを最適にエージングされた状態にし、
ノイズを減少させるDBS(誘電体バイアス・システム)も電池ボックスのデザインなどは変更されていますが
メーカーの最高電圧の72Vを搭載しており現行品と変わりありません。

ケーブルの処理方法などにより現行モデルとの単純な比較はできないかもしれませんが、
導線に使用されているマテリアルは変わっていないため単純にタイプの違う商品というものになります。
ちなみにOAKのPerfect Solid Copper+ 100%という仕様は現行のThunder Birdと同じです。

現行品が異常に高価なためコストパフォーマンスのよい2018年以前のケーブルは今でも需要が高いです。
しかし、本来なら長さやプラグ、ケーブルの仕様などをオーダーし購入するという商品の性質上
家電量販店などでは在庫として置いておらず、マニアックなオーディオ屋を探し回るか、
メーカーにオーダーをして2ヶ月ほど待つかという方法でしか購入できなかったためそもそもの流通量がかなり少ないです。
スピーカーケーブルは機器の後ろにつないでおくだけということも有り故障や劣化なども起こりづらいため
よほどの理由がない限りこの価格帯のケーブルは買い替えということにもなりません。
そのため生産終了となった今、中古品で入手するしかないのですが市場にでまわることは滅多に有りません。

スピーカーケーブルは安いもので1m150円ほどで買えてしまうものもあり
なぜこのようなものに高いお金をかけるのかと思ってしまうかもしれませんが安いケーブルが単なる線なのに対し
高級スピーカーケーブルは導線の素材からノイズ処理や伝導効率などを徹底的に追求している音響機材なので根本的に違います。
アンプからスピーカーという音の出口へアナログな電気信号として情報の全てを伝えている通りである以上
ケーブルは音に大きく影響を与え、その影響は使用しているオーディオ機器が良ければ良いほど大きく現れます。

高級オーディオにはそれに適したグレードのケーブルを使わなければ勿体ありません。
技術の高さにより世界中で愛されているaudioquestのハイエンドシリーズスピーカーケーブルをこの機会にいかがでしょうか。

商品状態は中古品ではありますが比較的良好だと思います。詳しくは商品画像をご参考ください。
動作確認も手持ちの音響機器で確認済みです。

念入りに確認等行っていますがあくまで個人の出品する中古品です。
見落としによる細かな傷、汚れや予期せぬ動作不良等がある可能性があります。
以上を踏まえた上でのご入札をよろしくおねがいします。
Seller Idalga586
Overall rating333
Evaluation100.00%
Look at other auctions of the seller