☆ Special preservation sword Ryohisabu Ryokuni Shunmon Ryuko Kaiko The first Shinkokuchika

Bids:0

Price:331001.00

Quantity:1

Condition:Used (in average condition)

Bid Start:2020-05-18T23:32:13+09:00

Ends:

  Days  
  Hours  
Minutes
Seconds

2020-05-25T23:16:28+09:00

☆特別保存刀剣 了久信 来国俊門 了戒子 初代信国親 格調高く金筋頻りに掛る名品 二尺二寸三分
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
鎌倉後期延慶頃 約710年前
格調高く金筋頻りに掛る名品
刀 無銘 了久信
     
法量 説明
長さ

反り
元幅
先幅
元重ね
鎬厚
先重ね
鋒長さ
茎長さ
重量
69.6cm
(二尺三寸)
1.0cm
2.9cm
1.8cm
0.66cm
0.782cm
0.37cm
3.1cm
17.6cm
620g
鎬造、庵棟、身幅尋常、反りやや浅く、腰反りつき、中鋒。鍛は、板目肌つみ、杢目肌交じり、刃寄り棟寄り柾掛かり、地沸微塵に厚くつき、地景入る。刃紋は、細直刃に、ほつれ・二十刃かかり、小沸よくつき、金筋頻りにかかり。匂口締まりごころに明るく冴える。帽子、直ぐに小丸。茎は、大磨上、先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔二、ハバキは金着一重。
久信は、来国俊の門人で、来国俊の兄弟子初代了戒の子と伝え、俗名を九郎左衛門尉という。久信の子には初代信国がいる。作風は、初代了戒と同じで、来国俊に近いが、匂口が締まって小沸つくものや、潤みごころのものがあり、鍛えはつんだ柾ごころで、白けがたつなどの特色がある。この刀は、身幅尋常、反りやや浅く、先細くなる鎌倉時代の優美な姿で、柾目ごころのつんだ地鉄に、白け映りが立ち、直刃調に、匂口が総体に常の作よりもよく締まって明るく、湯走り・二十刃かかり、小沸つき、金筋頻りにかかるなど、刃中の働きも盛んである。地刃に了戒の特色をよく見せている格調高い名品である。




送料 ゆうパック140サイズで発送いたします。全国一律1750円。
注意事項 ※写真の色はなるべく実物に近づけるようにしておりますが、多少異なる場合があります。また寸法は、多少の誤差はご容赦ください。
※即決や希望価格と隔たりがある場合等、取下げさせて頂く事がございます。
※キャンセル、返品はお受けできませんので、写真を良くごご覧の上ご判断いただき、責任のあるご入札をお願いいたします。
落札後24時間以内のご連絡、3日以内のご入金をお願い致します。ご連絡・ご入金がない場合、誠に恐縮ではありますが入札者都合で落札を取り消させていただく場合もございますので、ご注意ください。
※刀剣及び火縄銃は、銃砲刀剣類所持等取締法にもとづき都道府県の教育委員会に所有者変更の届出が必要です。刀剣所持者変更書類を同封致します。
※評価が新規の方・悪い評価がある方の場合入札を取り消させていただくことがございます。 お手数ですが、上記の方は、かならず質問欄よりお名前・ご連絡先を明記の上、事前にご連絡をお願いいたします。 (質問には返信いたしませんので、内容は公開されません。)
Seller Ideiraku2014
Overall rating735
Evaluation100.00%
Look at other auctions of the seller